『親だからこそできる』をモットーにどんな練習よりも上手くなる方法を紹介しています‼ 2人の息子達の成長がその証、プロサッカー選手を夢みて成長していくStoryをお届けします‼

【少年サッカー×ウサギとカメ】君はゴールを感じたことがあるか!?

 

父親に買ってもらった初めてのビデオが聖闘士星矢だったので、タイトルは聖闘士星矢風にしてみました\(゜ロ\)(/ロ゜)/

分かってくれた人いるかな⁉(笑)

では本題ですが、読者の皆様も一度は読んだことがあるであろう童話 【ウサギとカメ】ですが、 なぜウサギはカメに負けたのか…ご存知でしょうか!?

僕はカメの足が遅いため、ウサギが油断して昼寝をしていた隙に、カメはコツコツ努力して追い抜いたという理由だと思っていました。

しかし本当の理由・真実は違っていたのです。

僕はその理由・真実を大人気コンテンツ 『ウマ娘』 のアニメ (2期) を見て、最近知ることとなりました。

この真実はサッカーを頑張るお子さんにも、それを見守りサポートする親御さんにも知って欲しい内容になっていますので、是非最後までご覧頂けたらと思います。

 

真実を語る上で欠かせないのが、先ほど紹介した 『ウマ娘』 の1シーンになります。

天皇賞春に向けてトウカイテイオーと張り合うメジロマックイーンの記者会見を見て、メジロ家のおばあさまはがっかりしています。

そこでおばあさまはメジロマックイーンに対して、幼少期に読んだ 【ウサギとカメ】の話をします。

おばあさま:『どうしてカメが勝ったかわかりますか』

と質問します。

メジロマックイーンが答えられずに居ると…おばあさまが口を開きます。

ウサギはカメを見ていた。しかし、カメはゴールをみていた。言いたいことわかりますか!?

このおばあさまの言葉でメジロマックィーンは目が覚めます。張り合っていたトウカイテイオーを意識することなく、天皇賞春に勝つというゴールに向けて自分自身と戦いトレーニングをしていくのです。

このシーンを見たとき、雷に打たれたかのような強い驚き・感動を覚えて納得しちゃいました!!

確かにウサギがカメを見て油断したように、カメもウサギをみていたのなら昼寝をするウサギを見て同じように油断していたでしょう。

そしてカメではなくウサギが勝つという結果だったかもしれません。

歩くスピードは遅くとも、ゴールは何かしっかりと見定め…そこにだけフォーカスしたからこそ結果的にウサギに勝つことができたんだと思います。

息子達の夢はプロサッカー選手になって活躍すること…まだ具体性に掛ける部分はありますが、親として素敵な夢だと思っています。

ただ…その夢を叶えるためにはいくつもの壁が有ります。

そのいくつもある壁を親子で明確にして、突破することを小さなゴールとして…そしてプロサッカー選手になって活躍するという夢を大きなゴールとして、これらを親子でもっと意識して取り組んでいく必要があると再認識できました。

息子達とサッカーをしていると周りと比較したくなる場面も出てきます。そんな時はウサギを反面教師にしつつ、カメの思考を見習っていこうと思います(^_-)-☆

君はゴールを感じたことがあるか!?

是非本記事を読んで頂けた方は、お子様と一緒にゴールを感じてみてください。

意志を共有することでモチベーションアップにも繋がります!!

目指せそれぞれのゴールへ(*´▽`*)

オススメコンテンツ紹介
error: Content is protected !!